ズバリ、競売物件とは?

不動産競売とは、裁判所(国)を通じて不動産を買う事ができる制度です。

 

不動産を担保にお金を借りた人が返済不能となった場合、

対象不動産を差し押さえ、一連の申し立てを受けた裁判所は、少しでも対象の不動産を高く買ってもらえる人へ

不動産競売という方法で販売し、売却代金を債務の弁済に充てます。

 

かつては専門業者でなければ手を出しにくい部分もありましたが、

バブル崩壊後に不動産の差し押さえ件数が急増したこともあり、

民事執行法の改正がすすみ、

どなたでも公正かつ安全に取引ができるようになりました。

 

市場価格の3割引程度(場合によっては半値以下)で入手できる手軽さから、

不動産業者だけではなく一般の方の入札が増えています

 

不動産競売は

・債権者(お金を貸す人)

・債務者(お金を借りた人)

・国(裁判所)

・買受人(物件を買う人)

 

ご理解できない事は弊社担当者にお任せください!=>