競売物件を落札したらリスクはないの?

競売物件に限らず不動産の取得にリスクはつきものです。

但し一般流通物件は宅建業者が介入することにより、リスクが殆ど無いような形で取引されます。

 

それに対して、競売物件は"自己責任"ですので、

裁判所の3点セットの読み漏れ、勘違いなどで落札してしまっても自己責任になります。

 従いまして不動産という大きな取引では、やはり競売であっても

専門家競売コンシェルジュ(会員不動産業者等)にサポートしてもらい、リスクを事前に理解し回避や対策を事前に考慮することによって、

流通物件と同じようなリスクで不動産を取得することをお勧めします。